敏感肌でお悩みのあなたの化粧品選びをお手伝いします

敏感肌化粧品*あなたの肌を救うおすすめ化粧品はコレ!

敏感肌で、肌に合う化粧品が見つからない…でもキレイな肌になりたい!

エイジングケアもかなえたい!

そんなあなたの化粧品選びのお手伝いをするサイトです。

 

当サイトにお越しいただきましてありがとうございます!

 

当サイトでは、「敏感肌、でも化粧品もメイクも大好き!」な管理人が、たくさんの化粧品を使ってみて見つけた、

・敏感肌でも使える

だけじゃない!

・敏感肌でもきれいな肌になれる!

・敏感肌でもエイジングケアができる!

という化粧品と、そんな化粧品を選ぶためのポイントをご紹介していきます。

 

サイト内でご紹介している化粧品は、「この化粧品との出合いで、肌状態が確実に上向いた!」という、私の運命コスメを中心に、実際に使ってみて、肌がキレイになった!と実感できたものばかりです。

デリケートなあなたの肌を救う化粧品選びのお手伝いができれば幸いです!

敏感肌のあなたにおすすめ化粧品ランキング!

敏感肌の管理人が、たくさんの敏感肌用化粧品を使ってみて選んだ、

敏感肌に優しいのは第一前提!

敏感肌を改善して、エイジングケアもできてしまうおすすめ基礎化粧品

を、ランキングでご紹介します!

No.1 ディセンシア アヤナス

おすすめ度
おすすめ成分 ヴァイタサイクルヴェール® セラミドナノスフィア CVアルギネート ストレスバリアコンプレックス®
価格 トライアルセット
1,480円(税込)

これが、敏感肌の私を救ってくれた運命コスメです!

敏感肌、だけど美しくなりたい!

そんなあなたにおすすめしたい化粧品ランキング1位は断然アヤナスです。

バリア機能が衰え、刺激を受けやすくなっている角層を、「ヴァイタサイクルヴェール®」が覆ってサポート。

乾燥して隙間だらけの角層を、ナノサイズで浸透力の高いヒト型セラミド「セラミドナノスフィア」で満たすことで、弱った肌にうるおいと強さを取り戻します。

アヤナス 詳しくはコチラ>>

アヤナスについて、こちらでも詳しくご紹介しています>>

No.2  ETVOS バイタライジングライン

おすすめ度
おすすめ成分 5種類のヒト型セラミド、アルガン幹細胞、リンゴ幹細胞
価格 お試しセット 2,700円(税抜)

ミネラルファンデーションをはじめとしたメイクアップアイテムも大人気のETVOSによる、大人の敏感肌化粧品です。

ポイントは、肌細胞の生まれ変わりをサポートする、最近話題の美容成分”幹細胞エキス”。

ETVOS バイタライジングラインは、「アルガン幹細胞」「リンゴ幹細胞」の2つを配合しています。

肌から失いつつあるハリを取り戻していきます。

5種類も配合されたヒト型セラミドが、乾燥しがちな肌にしっかりとうるおいを貯えます。

ETVOS バイタライジングライン 詳しくはコチラ>>

ETVOS バイタライジングラインについて、こちらでも詳しくご紹介しています>>

No.3 dプログラム エイジングケアプログラム

おすすめ度
おすすめ成分 トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム アラントイン
価格 トライアルセット
1,836円(税込)

年齢を重ねるごとに表れるトラブルが、敏感肌につながってしまうという肌におすすめなのが、dプログラム エイジングケアプログラムです。

たっぷりのうるおいを与えることで、年齢によって損なわれた肌のバリア機能を回復していきます。

空気のようなつけ心地で、敏感肌を優しくいたわります。

パラベンやアルコールを含まない、敏感肌に優しい処方です。

dプログラム エイジングケアプログラム 詳しくはコチラ>>

dプログラム エイジングケアプログラムについて、こちらでも詳しくご紹介しています>>

No.4 メディプラスゲル

おすすめ度
おすすめ成分 ヒト型セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど
価格 初回限定購入セット2,996円(税込)

4位でご紹介するのは、オールインワンゲルのメディプラスゲルです。

肌に何もつけられない!と悩んだ女性が開発した、敏感肌をとことん考えたオールインワン化粧品です。

オールインワン化粧品は、化粧品をつける際に肌に与える刺激を最小限に抑えることができるので、敏感肌に大きなメリットが。

全部で66種類!とリッチに配合された美容成分が、敏感肌を柔らかくほぐしていきます。

メディプラスゲル 詳しくはコチラ>>

メディプラスゲルについて、こちらでも詳しくご紹介しています>>

No.5  NOV L&W (ノブ エルアンドダブル)

おすすめ度
おすすめ成分 ヒアルロン酸 持続型ビタミンC誘導体 コエンザイムQ10
価格 トライアルセット
1,404円(税込)

NOV L&W(ノブ エルアンドダブル)は、エイジングサインを感じやすい敏感肌に、美白エイジングケアと、ブランド最高レベルのうるおいをかなえてくれる、臨床皮膚医学に基づいた、皮膚科でも推奨されている基礎化粧品です。

○ヒアルロン酸、スクワラン、アミノ酸など、豊富に配合されたうるおい成分による、みずみずしいうるおい

○持続型ビタミンC誘導体による確かな美白力

○コエンザイムQ10によるふっくらとしたハリ

敏感肌でもこのような美肌を叶えます!

NOV L&W 詳しくはコチラ>>

NOV L&Wについて、こちらでも詳しくご紹介しています>>

敏感肌におすすめ化粧品ランキング1位・アヤナスはココがすごい!

 

敏感肌の管理人が、化粧品選びに失敗を重ねながらたどりついたのはアヤナス

私の運命コスメなんです!

アヤナスは、肌を知り尽くしたポーラ研究所の優れた技術で開発された、敏感肌専門の化粧品ブランドです。

 

敏感肌をあらゆる刺激から守ってくれるのはもちろん、敏感肌を健康な状態に立て直して、さらにたのもしいエイジングケア力で美しい大人肌に導いてくれました。

ただ敏感肌に優しいだけではない!

研究所技術が活かされた、アヤナスのスキンケアの秘密とは?

 

1 敏感肌を改善

ディセンシアの特許成分「ヴァイタサイクルヴェール®」が肌表面をピタッと覆い、敏感肌の弱ったバリア機能を強化します。

また、敏感肌が受ける外的刺激は、肌荒れを起こすと共に、肌のハリを保つコラーゲンを壊してしまうという驚きの事実!

「コウキエキス」が、外的刺激による肌の炎症をしずめて、肌状態を落ち着かせてくれます。

アヤナスの優れた“素肌回復力”に助けられて、敏感肌は、本来の健やかな状態を取り戻していきます。

 

2 保湿ケア

肌の保湿にもっとも大きく関わっているのは「セラミド」です。

一般的なセラミドの4倍もの浸透力を誇る「セラミドナノスフィア」が、水分を抱え込んで、乾燥肌をプルプルなうるおい肌に変えていきます。

 

3 ストレスケア

ストレスを感じると、肌が荒れたり、化粧品が合わなくなるということはありませんか?

ストレスによって血流が悪くなり、肌の細胞がうまく作られなくなってしまうからです。

アヤナスは、ストレスから来る肌荒れをケアすることも可能なのです!

植物エキスを複合させた「ストレスバリアコンプレックス®」が、ストレスでダメージを受けてしまった肌を癒し、健康な肌を生み出すお手伝いをしてくれます。

 

4 ハリケア

年齢を重ねることや、外的刺激を受けることなどによって、十分な量を保つことが難しくなってくるコラーゲン。

真皮のコラーゲンが不足すると、肌はハリを失い、シワやたるみ、ほうれい線を招きます。

アヤナスに配合されている「CVアルギネート」という美容成分は、肌自身がコラーゲンを作り出す働きをサポートします。

コラーゲンは、化粧品で補うよりも、肌の中で作り出すのが賢いスキンケアです。

 

5 美白ケア

敏感肌は、紫外線の影響を受けやすく、シミやくすみに悩まされがちでは?

アヤナスは「ローズマリーエキス」を配合して、メラニンを生み出す働きを抑制するので、シミ・くすみを予防してくれます。

 

6 糖化ケア

タンパク質と結びついて、肌を黄色くくすませてしまう「糖化」

近年、大人の肌トラブルとして注目されていますよね。

アヤナスの美容液は、「シモツケソウエキス」が糖化の原因に作用。

敏感肌をさらに老け見えさせてしまう黄ぐすみを改善してくれます。

 

敏感肌に、化粧品をいくつも塗り重ねて触れてしまうことは、それ自体が刺激になってしまいます。

アヤナスは、化粧水・美容液・クリームだけのシンプルケアなのに、

 

・敏感肌に優しい

プラス

・敏感肌改善

・保湿ケア

・ストレスケア

・エイジングケア(ハリ・美白・糖化)

 

ここまでできる、頼れる存在なのです!

美容液を何本も使わなくても、敏感肌に表れるさまざまなトラブルを解消してくれる!

これってすごいことじゃないですか!?

「敏感肌ケア」と「美肌エイジングケア」どちらもゆずれない!というあなたには、アヤナスが断然おすすめです。

 

アヤナスについて、こちらでも詳しくご紹介しています>>

 

敏感肌化粧品選びのポイント2*自分の肌に合わない成分は何かを知ろう!

化粧品は、たくさんの成分が混ざり合って作られています。

肌を美しくするのに有効な美容成分だけでできているわけではありません。

水分と油分を混ざり合わせるための成分、化粧品の品質を保つための成分などが、それぞれの役目を果たして、ひとつの化粧品として成り立っているのです。

 

敏感肌は、バリア機能が弱くなっていることや、アレルギーで、化粧品の成分によって、ピリピリとした刺激や赤みなどの異常を感じてしまうといったことがあります。

使ってみて「刺激を受けた」「合わなかった」という化粧品があったら、成分表示をよくチェックしてみてください。

 

使ってすぐに刺激を感じる化粧品と、使っていくうちに違和感が現れる化粧品があるかと思いますが、共通した成分の存在に気づくでしょう。

ほかの敏感肌の方は刺激を受けない成分でも、あなたの肌には大丈夫とは限りません。

何の成分に反応してしまうかは、人それぞれなのです。

自分の肌に合わない成分を知っておく、というのは、敏感肌の化粧品選びには欠かせません。

 

以下に、多くの人に刺激を与えやすい成分をご紹介します。

 

・旧表示指定成分

「アレルギーを起こすことがある」という理由により、1980年に旧厚生省により表示することが義務付けられた102種類の成分に加え、香料を含めた計103種類を「表示指定成分」と呼んでいました。

2001年以降は、化粧品の成分表示には、すべての成分が表示されることになったので、これら103種類の成分は「旧表示指定成分」と呼ばれています。

これらの成分が、すべての敏感肌に刺激を与えるとは限りませんが、避けたほうが無難でしょう。

 

現在、全成分を表示することによって、成分表示の中に旧表示指定成分が混ざってしまい、どれが旧表示指定成分なのか判別しにくくなってしまったのが困ったところ。

なので、化粧品を選ぶときには、全成分表示をよく見て、旧表示指定成分が混ざっていないか確認することをおすすめします。

大変な作業かもしれませんが、刺激を避けるためには大切なことです。

 

・エタノール(アルコール)

ニキビ化粧品や収れん化粧品に使われていることの多いエタノールですが、敏感肌に刺激となることがあります。

エタノールが揮発と同時に水分の蒸発も招くので、肌を乾燥させてしまいます。

刺激を避ける意味でも、乾燥を避ける意味でも、敏感肌にとっては、エタノールは避けたい成分です。

 

・防腐剤

化粧品の成分や、容器の形状によって、無菌状態を保てるものもありますが、多くの化粧品にとっては、品質を保つために防腐剤は必要なものです。

メチルパラベンやフェノキシエタノールは、比較的刺激になりにくいといわれています。

しかし、敏感肌にとっては刺激となる場合もありますので、成分表示を注意して見ておいたほうがいいでしょう。

 

防腐剤の主なもの

パラベン(メチルパラベン、ブチルパラベン、プロピルパラベンなど)

フェノキシエタノール

安息香酸Na

 

敏感肌化粧品選びのポイント3*少量のトライアルセットで試してみる!

「敏感肌用化粧品」とうたわれているものは、数多くあります。

ですが、ほかの敏感肌の方に合う化粧品が、自分の肌に合うとは限りません!

「低刺激」といった、いかにも肌に優しそうな化粧品にも、あなたの肌にとって刺激を与える成分が配合されているかもしれません。

「オーガニック」「自然派」といった化粧品に配合されている天然植物成分の中には、意外と肌への作用が強い、というものもあります。

 

なので、現品の化粧品を買う前に、少量のトライアルセットで、あなたの肌に合うかどうか確かめてほしいのです。

たいていのトライアルセットは、安価ですが1~2週間くらい試してみることができます。

つけた瞬間に刺激が起きるかどうか確認ができますし、1~2週間あれば「最初は大丈夫だったけれど、しばらく使ってみたらやっぱり合わない」というのも分かるかと思います。

あなたの肌が望む保湿力があるか?エイジングケア効果があるか?自分の好みの使い心地か?というのも、実際に使ってみなければ分かりません。

 

新しい化粧品を試してみるのは、肌の状態が安定しやすい排卵前の卵胞期にするといいでしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

ここからは、化粧品で敏感肌を解消するために知っておきたい、“敏感肌の原因と解決法”をお伝えしていきましょう。

 

敏感肌の化粧品選びを考える*敏感肌の原因と解決法とは?

敏感肌の原因1*乾燥

「敏感肌化粧品選びのポイント1」でもご説明したように、敏感肌の大きな原因は「乾燥」です!

水分は、肌にうるおし柔らかくするばかりでなく、外部刺激から肌を守る重要な役割を果たしています。

 

水分がバリア機能維持を果たすメカニズムを、詳しくご説明しましょう。

 

これは、健康な皮膚のうち、表皮の部分を図にしたものです。

 

 

表皮のいちばん上にある角層は、角質細胞が重なってできています。

レンガやミルフィーユ状に、約20層が積み重なっています。

「角質細胞間脂質」という物質が、セメントやクリームのように、角質細胞をすき間なくつなぎ合わせています。

角層が肌をピタッと覆うようにして、刺激物質やアレルゲン、紫外線などの外的刺激から肌を守り、バリア機能を担っているのです。

角層は、顔でたった0.02mmの厚さながら、肌の健康を保つために重要な存在なのです。

 

ところが…

 

 

角質細胞間脂質が不足すると、角層がすき間だらけになってしまいます。

なので、刺激物質やアレルゲンが肌に侵入しやすくなり、肌に刺激を引き起こしてしまうのです。

 

角質細胞間脂質について、もう少し説明しましょう。

角質細胞をつなぎ合わせる角質細胞間脂質の成分には、スフィンゴ脂質やコレステロールなどといったものがありますが、全体の約50%は「セラミド」という物質です。

セラミドは、角質細胞をつなぎ合わせるだけでなく、水をはさみこんで、肌の水分を逃がさないようキープする働きもしています。

肌からセラミドがなくなってしまうと、肌の水分量は80%も下がってしまうというから驚きです!

セラミドは、バリア機能の維持と保湿に大きな役割を果たす、健康な肌になくてはならない存在だということが分かります。

 

セラミドは、肌のターンオーバー(新陳代謝)によって作られています。

しかし、年齢を重ねるごとにターンオーバーのサイクルが遅くなったり、生活の乱れや体調不良などによってターンオーバーが乱れてしまうと、セラミドを作り出す能力が衰えてしまうのです。

 

健康な肌つくりに欠かせないのに、不足してしまうセラミドですが…

実は簡単!セラミド配合(特にヒト型セラミド)の化粧品で補うことができますよ!

当サイトでは、セラミド配合の化粧品を多くご紹介していますので、こちらでチェックしてみてくださいね。

 

敏感肌の原因2*自分の肌に合わない成分

「敏感肌化粧品選びのポイント2」でも触れましたが、アレルギーや体質によって、特定の化粧品成分に反応をしてしまうことがあります。

自分の肌に刺激を起こしてしまう成分を知り、その成分が入っていない化粧品を選ぶということは、敏感肌対策にとても大切なことです。

 

自分の肌に合わない化粧品を確認するには、パッチテストが有効です。

以前使ったことのある化粧品でも、体調によって合わない場合もあります。

敏感肌の方は、新しい化粧品を使い始める前に、ぜひ実践していただきたいと思います。

 

パッチテストの方法

1 二の腕または内ももに、テストしたい化粧品を適量塗布する

2 24時間経過するまで経過を観察する

(絆創膏のガーゼ部分に化粧品を塗布して皮膚に貼り、48時間経過を観察する、という本格的な方法もあります)

 

化粧品を塗布した部分に赤み、かゆみなど、何らかの刺激があった場合、あなたの肌に合わない成分が配合されていることが考えられます。

洗い流して、その化粧品の使用は見合わせましょう。

 

敏感肌の原因3*ストレス

仕事が忙しい

人間関係のトラブル

このようなとき、肌が荒れると感じることはありませんか?

そうです!ストレスも、敏感肌の原因となるのです。

 

人間の体は、ストレスを受けると、交感神経が優位になり、血行が悪くなります。

血行不良で肌の温度が下がると、健康な肌細胞を作り出すのが難しくなり、肌にすき間ができてしまい、バリア機能が衰えて、結果、敏感肌を招いてしまうのです。

 

ストレスは、人間なら誰しも感じてしまうもの。

ですが、心のためにも、健康のためにも、肌のためにも、うまくストレスを逃がす工夫をしていきましょう。

あなたのストレス解消法は何でしょうか?

スポーツ、ヨガ、アロマテラピーといったこともおすすめですよ。

 

敏感肌の原因4*ホルモン

生理前に、肌荒れやニキビが現れる、というのは、多くの女性が感じたことがあるのではないかと思います。

また、妊娠・出産や、婦人科系のトラブルを機に、肌質がガラッと変わった、というのを経験されている方もいらっしゃるかもしれません。

年齢を重ねるにつれて、女性ホルモンが減少していくことも、肌状態が揺らいでいく要因になります。

女性は、体ばかりでなく、肌もホルモンの影響を大きく受け、敏感肌になってしまうことがあります。

ホルモンの変化は、女性であれば受け入れざるを得ないことです。

女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを摂ったり、規則正しい生活を心がけて、ホルモンによる肌の揺らぎと上手につきあっていきましょう。

 

敏感肌の原因5*体調

体調を崩したときや、寝不足のとき、季節の変わり目に、免疫力が低下して、肌が荒れて敏感肌になってしまうということがあります。

私は、風邪などで体調を崩すとアトピーがひどくなる、ということがよくありました。

女性なら、無理なダイエットで栄養が不足し、肌が荒れてしまうということがあるかもしれません。

炭水化物も、たんぱく質も、ビタミンも、ミネラルも、どれも人間にとって必要な成分です。

過不足なく、バランスよく、いろいろな栄養を摂ることは、健康な体と肌を育むのに大切なことです。

ヨーグルトなどの乳酸菌も、免疫力を正常にするためにとても効果的です。

 

敏感肌の原因6*自称敏感肌

注目していただきたいのが、この「自称敏感肌」タイプです。

あなたはスキンケアで、このようなことをしていませんか?

☑スキンケアをする手に、つい力が入りがち

☑1日に何度も洗顔料で洗顔する

アトピーやアレルギーなど、体質などにより、もともと肌が敏感な方もいますが、中には、「自称敏感肌」といわれるタイプの方も。

間違ったスキンケアによって肌を傷つけ、バリア機能が弱っているので、刺激を受けやすくなってしまっている肌のことです。

敏感肌だと自覚している方の約50%は、この「自称敏感肌」といわれています。

 

ということは!

適切なスキンケアをすることで、敏感肌を解消することができる、ということです。

 

では、適切なスキンケアとは、どのようなことに気をつければいいでしょうか?

 

対策①肌に触れる手は優しく!

あなたのスキンケアをする手は、無意識のうちに力がこもってしまっていませんか?

肌に触れる手は“優しく、そっと、軽く押えるように”が基本です。

力加減の目安は、ハンドプレスしても手が肌を動かさない程度。

荒れた肌を優しく包み込むように、スキンケアを行ってみてくださいね。

 

こんなスキンケアは×ですよ!

×たたくようにつける

×強く押し込む

×ゴシゴシこするようにつける

弱っている肌を、ますます傷つけてしまいます。

 

また、スキンケアにコットンをお使いの方!

コットンは滑らかなように思えますが、繊維で肌を傷つけてしまいかねません。

敏感肌のスキンケアには、コットンは使用しないほうが無難です。

 

対策②バリア機能を高める基礎化粧品を使う

間違ったスキンケアで弱ってしまった肌は、肌表面を覆ってバリア機能をサポートする成分や、角層のバリア機能を強化する成分(セラミドなど)を配合した基礎化粧品を使って、バリア機能を高めるスキンケアをしていきましょう。

上記のおすすめランキングでご紹介した アヤナス は、バリア機能を高めて敏感肌を修復することを考えて作られた化粧品なので、自称敏感肌のスキンケアにピッタリですよ。

 

対策③洗顔料は優しく!

乾燥肌も持っていることの多い敏感肌にとって、洗顔料で何度も顔を洗うことは、刺激が強過ぎます。

肌に必要な皮脂膜やうるおいを落とし過ぎてしまう可能性があります。

多くても朝晩の計2回にとどめましょう。

 

敏感肌の洗顔料は、洗浄力がおだやかで、うるおいを奪い過ぎないものを選んでくださいね。

ネットや、洗顔料泡立て器などを使って、泡がきめ細かくモコモコになるまで泡立てましょう。

スキンケアと同じく、ゴシゴシこすらないように!

よく泡立てた泡なら、顔の上に乗せておくだけでも、十分汚れを落とすことができますよ。

 

敏感肌は、適切な化粧品選びで改善できます!

後日up予定

 

敏感肌におすすめの化粧品を、こちらで詳しくご紹介しています

アヤナス

ヒト型セラミド配合

NOV L&W

dプログラム

エイジングケアプログラム

メディプラスゲル

ヒト型セラミド配合

ミノン アミノモイスト

ETVOS バイタライジングライン

ヒト型セラミド配合

アルージェ

セラミド配合

無印良品 敏感肌シリーズ

アクセーヌ

敏感肌向けの化粧品だけど・・・よく確かめよう

投稿日:2017年2月28日 更新日:

Copyright© 敏感肌化粧品*あなたの肌を救うおすすめ化粧品はコレ! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.